インプラントで今までどおりの健康的な歯を蘇らせよう

治療できない場合

全身疾患

インプラント治療は、非常に魅力的な治療ではありますが、誰でも治療を受けることが出来るというわけではありません。
人によってはインプラント治療を受けることが出来ないという場合もあるのです。
では、どういった場合に治療を受けることが出来ないのか?紹介しておきます。

口腔内疾患

全身的な疾患を患っている人はインプラント治療に適していません。
全身疾患でインプラント治療に適していないのは糖尿病、骨粗しょう症、腎臓病などです。
糖尿病や腎臓病というのは、進行が進むことで免疫力が低くなってしまいます。そうなってしまうことで、歯周病を引き起こしやすくなります。歯周病は歯を失う原因でもありますし、せっかくインプラント治療を行なっても、うまく結合されない場合があります。
骨粗しょう症というのは、骨の密度、質、幅などが低下してしまう病気です。骨が十分でなければインプラントを埋め込むことが出来ません。ただ、近年では、骨を補ってインプラント治療をすることが出来る治療方法も誕生しています。そのため、今まで治療を受けることが出来なかった人でも治療を受けることが出来るようになっているケースもあります。

口腔内に疾患がある場合には、インプラント治療を受けることが出来ません。
口腔内に虫歯、歯周病などがあることで、インプラント治療を行なったとしても、しっかりと固定することが出来ない、治療期間が長引いてしまうといった事となります。
そのため、インプラント治療を受ける場合には、口腔内に疾患がないか検査を行ないます。口腔内に疾患がある場合には、しっかりと治療を行なって、インプラントを埋め込むことが出来る状態まで待ちます。