インプラントで今までどおりの健康的な歯を蘇らせよう

歯が抜けてしまう原因

インプラント治療というのは、失ってしまった歯を補う治療方法です。そのため、歯を失っていない人には無縁の治療となります。
歯を失っていない人からすると「どうして歯を失ってしまうのだろうか?」と考える場合もあるでしょう。また、歯がどうして抜けるのか?という知識を知らないことから「自分には関係のないこと」と思ってしまっている人も多々存在します。
しかし、他人事のように考えていては危険です。歯が失ってしまう可能性は誰にでも存在しているのです。
ここで、歯を失ってしまう原因について紹介します。

歯を失ってしまう原因は大きく2つ存在します。
まずは、事故によるものです。歯へ強い衝撃を加えることで、歯は抜けてしまいます。歯根から抜けてしまうというよりも折れてしまい、結果的には歯根から抜かなければならない状況になるケースです。
永久歯の場合には、そのまま放置していても生えてくることはありませんので、インプラントなどの治療を行なって、歯を補う必要があります。
次に口内の病気によるものです。
口内の病気で歯を失う原因で最も多いのは「歯周病」です。歯周病というのは、口腔内で引き起こされる感染症です。歯周病菌に歯茎が侵され、徐々に影響を与えていきます。
初期段階では自覚症状がないので、自分で気づくことが出来ない場合が多いです。しかし、そのまま放置していることで歯を抜かなければならなくなってしまいます。
インプラント患者の多くは歯周病が原因です。
インプラント治療を行えば、今までどおりの生活を送ることは出来ますが、お金と時間がかかってしまいます。